早期退職して湘南・藤沢から南房総・館山に移住 五右衛門風呂・釜戸を作って 田舎暮らし体験施設 「ZENさんのふるさとラボ」を運営 暇ですねん・・・
キャベツに虫がいたョ 
 昨日から2泊のお客様は ZENさんなんかより火の扱いも手馴れていて 食材の準備も良く 大変楽チンな状態です 本音はチョッと手持ち無沙汰で「つまんなーい」なんだけど・・・

 おかげさまで師匠と早朝ゴルフ 出掛けにダーティーハリーのようにパンをかじって改めて8時過ぎから2度目の朝食
 
 頂いた サヤインゲンの筋をとり
  
 これも頂いた キャベツを 開くと・・・・

 見えますかねー 白い芯の近くに ZENさんより先に食べているヤツが
無農薬とは言われなかったけど近くの農家が「自家用」に作ったものなので最低限の農薬しか使っていないのでしょう 当然 あまーい 味のあるものですよー



 いつもの ヨーグルトとバナナのジュースに 昨日挽いてもらったボゴダの「ブラジル」 そしてコーヒーカップの 前にある赤い袋は 「ヒマラヤ岩塩」 遠くヒマラヤの山奥の岩の中から 塩味と言うより 野菜の甘みを深める役目を果たしてくれました。 これも頂き物。ありがたーい毎日ですネ


  下のタグをクリックしてネ 田舎暮らしの楽しい情報満載ですョ     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村       http://lifestyle.blogmura.com/rpc/trackback/103018/jrh35x0n7y46
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
夕陽とひじき そして さやえんどう
JUGEMテーマ:田舎暮らし
  浜辺の旬 ひじき
「いっぱい作っちゃたから・・・」嬉しいですねー


 「いま 畑で採れたからー」
なんとも 嬉しいばかりです


そして、今日の何よりもの 頂き物は・・
今年 一番の高い気温を頂きました 明日もよろしく・・・



 さやえんどう は筋を取るときに いーい香り
そういえば 頂き物のキャベツもある ここから連想するのは
焼きそば だけとは・・・そば買いにオドヤまで

で、さやえんどうタップリノ 焼きそば
チョッとほろ苦さもあったりして 初夏の匂いが・・・

Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
糸車 埃取りのやり直し
JUGEMテーマ:田舎暮らし

  前回の掃除は 木を濡らさずに埃だけをブラシ掛けしたが
やっぱり不十分 
 木のくさびを慎重に外し タワシ・歯ブラシを駆使して水洗い
洗った後は陽に当てない所で 陰干し



50年以上の埃は思った以上だ
墨で 上手な筆運びの 屋号が埃の下から出てきた


Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
寒い日は グラタンだ
 
青森の八戸から館山の娘の家に遊びに来た 83歳の
おばあさん 「こっちも 寒いねー」
すみません と謝りたくなる様な寒さの中
「グラタンができたぞー」秀一さんが持ってきてくれて・・・

昨日 近所で頂いたキャベツでスープを作り
そうそう、悪天候続きで野菜が高騰しているらしい・・・
うーん 貴重なものを授かっているんだなー・・・
そういえば 藤沢の家族から「筍がダンボールで届いたよ」
差出人に 丁寧にお礼をするよう言うと 「館山より だけしか書いてない」
うーん 館山の人々には参った
ZENさんには アラ還親仁の「笑顔」しかないしなー
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
わらびと筍が そしてオーガニックパン
JUGEMテーマ:田舎暮らし

館山も今日は「寒い」のです
朝からグズグズしていると 和田の S さんが 「筍あるかい」
わらびと一緒に お米まで持ってきてくれて 
昨日の だるまいか にわらびを酢味噌で和えて 
取っときのお米をかまどで炊いて
卵は 神余産 黄身がポッコリ
長いこと田舎暮らししている S さんも「懐かしいねー美味しいねー」

 

「寒い」けど 杵作りも・・・
何か気合不十分 これでは 腰のある餅にはなりません

                        



気分転換に スーパーミゼットでドライブ
素敵な 芝桜
雨に洗われ 花も心も すっきり さっぱり



夕方、ウロウロしていると「酵母パン買って来たよ」
ご近所の 秀一さんから 
鴨川の 松井堂の亜麻の実パンとイチゴ
明朝が 楽しみですね
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
はなまるマーケットで ニラ玉炒め
 昨日の疲れでボケーっとTV
はなまるマーケット で旬のニラを使って 疲労回復

おー 昨日近所の 精力じいさんから ニラを頂いたぞ
卵は 烏骨鶏のがあるし
花見でばったり会った 龍岡のHさんから ポパイのほうれん草
お昼はこれで 元気回復ダー 



旬ずくし ですねー
「鮎が焼けたから取りに来てー」の電話で飛んでいくと・・・

筍と若布の和え物も
ZENさんの ニラと豚肉 烏骨鶏の卵和え
鮎 ふっくら ホクホク 筍は山の良い歯ごたえ 若布は磯の香り
あーっ 味噌汁に豆腐を入れるのを忘れた・・ボケやのー
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
糸車の復活は・・・
JUGEMテーマ:田舎暮らし

 古いものをいただいたら 慎重に その「復活」に向けて
お手入れ が必要です



活躍できない永年の鬱積が 埃 という形で堆積している



木槌で慎重にばらして 束子 刷毛 歯ブラシで埃を取る
木は虫に食われ 可動部分も重くなっている
しかし、細部にわたる職人の細工は見ているだけでも素晴らしい
どのように使われていたのか 
うーん 「重い」いただきものだ・・・
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
繭 まゆ から糸を紡ぐ 糸車 〜 薪 〜 囲炉裏パワー

近くの古民家の取り壊しを聞きつけて 薪割りを中断、納屋の中から
引っ張り出した
明治の 「繭・生糸・織物 品評会 次第」なんてものも出てきて
産廃業者の間を走り回って かき集めた
「田舎暮らし体験施設」として 昔の生活を少しでも再現したい
ZENさんの 畑の前には 桑の木が3−4本あるけど・・・




茶箱・七輪・桶・籠・箪笥の取っ手・斧・座敷箒・竹箒・・・

 

富崎小学校の入学式を挟んで 空っぽになった 薪入れをどうにか 一杯に
今月に入ってから 薪のない状態が続き・・・
田舎暮らし生活をサボってはいけません。



体調不良で 東京から来られた 平井さん
古民家を直して 雨漏りを笑い飛ばす
心のパワーは全開 囲炉裏端での話は尽きない
ZENさん まだまだですなー




Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
何故かマシュマロ・ニンニク醤油と鰹・海老チップだー
お客様を見送り、昨日の花見で頂いた (あれ、写真を撮らずに食べちゃったよ)
「筍煮付けおにぎり・サザエのおにぎり・もつ煮」
をたらふく食べて満腹で昼寝している間に、あのポーチュラカの主が見えたようで
気が付くとお手紙とともに・・・海老チップの元が・・・
 

不動産の取引は信頼と継続だ。 by ZENさん 
写真では寝ているようですが
「信頼と継続の象徴」とも言える 館山地所の日向野さん
なんと彼がくれたのは・・・


マシュマロである。これが「告白」でないことを信じたいものだ・・・



マシュマロを手にオロオロしていると 長田家から電話
「美味しい 鰹があるから・・」 これが 又美味でございます。



今日はなんとも寒いけど 心とお腹は暖かですよ
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
「山」も「子供たち」も 「ZENさーん」と呼んでるような・・・
JUGEMテーマ:田舎暮らし

娘を仕事場近くに送りZENさんは一路館山へ
鎌倉の段葛の桜を チェック 寒い朝方 桜のつぼみもふるえています・・・
この路の奥が 先日、大銀杏が倒れてしまった八幡宮
桜も 泣いています・・・



江ノ島を遠くに見る ここルート134は 逗子海岸
夏になれば ナシゴレン じゃなくて キマグレンの「海の家」がオープン
今日も 曇天の中 海岸は沢山の人で 賑やか


久里浜から向うに見えるのが 房総半島 フェリーで40分
ここで ZENさんは一眠り

山桜が そして いよいよ 新緑の木の芽が 山を 冬の寒さから
開放させ 春から夏に はじける 弾ける




「仙人」の 烏骨鶏 から 卵を頂く いや 授かる だな



前回、8日から3週間 ひよこも大きくなっている


仙人 宅の ・・・花 


仙人のお宅を後に 少し道を下がっていたら・・・
孟宗竹の林の中に たらの芽 発見
アプローチウェッジとグローブを出し 小川をまたぎ 慎重かつ興奮して
たらの芽を ゲット その時・・・デビットデュバール気取りのサングラスが・・・
山の早瀬に ポチャン 高い たらの芽・・・・



いったい たらの芽は 如何ほどの価格か 調査すべく 三芳の道の駅へ
新鮮な地場野菜が手に入るところへ・・・セロリが どっさりで200円 明日のお客様用
の サトイモが・・・無いなー たらの芽は 250円だった 
サングラスと250円 250円とサングラス 
とホホ な状況に 携帯が  「ZENさん どこに居るの ラーメン食べに行こ」
これも神のお導きか それとも・・・等と思いながら いわれた場所 カーナビに入れたら
なんと2時間前に フェリーを降りた 金谷の 向う・・・高速片道400円かけて
竹岡まで行くと そこは よく東京湾の西風に倒れず建っているな と思わせる佇まい
しかし、今 味よし の 超有名店らしい 昼前と言うのに 8人が並んでいた
三芳では おこわを1パック食べたばかりなんだけど・・・



これは、特に大盛りではありません。 チャーシューは数えただけでも 8枚
たまねぎのみじん切りが これでもかと 山盛り
スープは チャーシューの煮出しかな・・・醤油味で さっぱりめ


ここが 凄い プロです 七輪と 炭で この火力 うーん 勉強になります
その昔 天ぷらが江戸時代に始まった頃 使用していたのが 七輪
漫画 サザエさんでも 留守番のますおさんが七輪で天ぷらしている

それにしても 麺を茹でている ボールの上まで 火が うなっている
この店の 客席は 25−6名 調理場の 面積は 約 3畳
ここで麺を茹で チャーシューを作り たまねぎを微塵にしている
なるべく お尻の小さめの女性従業員を集めたか・・・
そうでもなさそうだが 5人の女性ばかりで 和気藹々と次々に作る
見事である 家賃は相当に安そうだし 利益率は高いと思われる
しかし、こんなに具沢山で 600円 
外の ナンバープレートは 習志野 品川 千葉 そして 湘南 これはZENさん

 

ラーメンをご馳走になった上、しいたけ、蜜柑、蕗、またまた 百合の花
頂き物 でなくて 授かりもの シャクナゲが楚々と咲いています



帰り道 内房線 三原駅近くに 居ることを 自覚
すると 今日は金谷 館山 丸山 辺りを 2周したことになる
車のメーターは 120キロを指していた


ゲットした じゃなくて 授かった 烏骨鶏の卵などを おすそ分けに回っていると
駄菓子屋の前の子供たちに 「こんにちわー」の挨拶をプレゼントされ
「何が美味しい??」なんて聞いたら 「氷アイスだよー」 はやっているらしい
女の子は 昔懐かしい 水あめを コネコネしていた
少し寒くなったけど 氷アイスを頂いた 寒・・・


安房神社の 桜チェックに行ったら 「ZENさーん」  もえちゃんとお友達
手を振って 走ってくる 神様の使い のようだ
お互いに 「パチリ」


見事な 夕焼け 烏は鳴いてないけど 帰りましょ。


さーて、道中 頂いた いや授かったもので 夕餉の支度
そうそう一番上の赤飯は 「この近くにも たらの芽在るよ」と言われ カケ棒を持って
ウロウロしていたら 通りがかりのHさんに自転車から
 「赤飯炊いてあるから 帰りにお寄り  その棒で何をとるのー」
夏休み中の蝉取りの子供みたいな自分に気づいて ナンか 嬉しいかも・・・ 



直前に 秀一さんの奥さんに たらの芽の天ぷらを食べさせていただき
にんじん・芋の揚げたのは 土産に。
天ぷらの衣について 教わったとおり ZENさんが たらの芽と しいたけを
揚げてみましたよ。 チョッと油の温度が高かったか 少しこげ感あるものの
「衣にお酒を少し入れるのよ」とアドバイスが 生きたようで カリット 旨いぞ



「頂き物」は物よりも 言葉であり 元気であり 匂いであり 振ってくれる手であり
夏の予感であり 心の満腹感であり 爽やかな風であるような・・・
ゆっくり 寝ましょう 明日と 月曜日は ファミリーのお客様
これなら とっときの笑顔で お迎えできそうです
目じりの小じわ 良いしわになりますように・・・
Posted by : ZENさん | シリーズ 頂き物 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP