早期退職して湘南・藤沢から南房総・館山に移住 五右衛門風呂・釜戸を作って 田舎暮らし体験施設 「ZENさんのふるさとラボ」を運営 暇ですねん・・・
<< 「虹」に「根っこ」に「星(スター)」までもが集いまして・・・ | main | 「文房具を被災地へ」・・・みんな集まれ― >>
「思い」という 「歯車」が ギッギッと・・・
JUGEMテーマ:田舎暮らし
 
ZENさん

先日はいろいろとアドバイスをありがとうございました!
その後お体の調子はいかがでしょうか?

さて、「ネットワーク」、こんな調子で知人にメールをしてみました。
勝手ながらZENさんにも今後情報を流させていただきたいと思い
ます。
ZENさん関係のみなさんにも利用していただければうれしいです。
よろしくお願いします。
 
  後半に頂いたメールを転載いたします
趣旨賛同する方はメールが受け取れるように「サピーネ」さんに連絡してください。

--------------------------------------

 秀一さんが拓いてくれた休耕田に 昨夜からお泊りの元劇団四季のスターお二人をご案内していたら 「布良の新マドンナ、岩田ミワちゃん」もやって来て 自給自足生活に張り切っています
 
 CIMG6449.JPG

 昼寝で体力回復を図っていると・・・ご近所の画家イシイタカシさんがやって来て 「ZENさんの 被災者受け入れづくりをブログやら知人に紹介しているんだ。 結構、反応あるぞ・・・行政の動きばかりでなく個人の工夫が大切だよ。 でもその工夫や行動で行政を刺激しなくっちゃいけない・・・もう一つ、阪神淡路震災のポランティア活動した知人が復興後の街づくりに生活感の無さに失望していた。 街づくりは単に建物を並べれば良しとはならないんだ ・・・」 深い知識と経験からの多くの助言を頂いた・・・

CIMG6456.JPG

 ちようど、若い方の梅野さんが仕事帰りにラボによって イシイタカシさんのお話に聞き入っていた。彼の今後に大いに参考となったはずだ。

CIMG6458.JPG

 よもぎちゃんと園さんも寄ってくれ 「野菜貰ったから ZENさんにもおすそ分けヨ・・・」

CIMG6461.JPG

 ♪ ♪ トントントンガラリット 隣組 あれこれ面倒味噌、醤油 廻して頂戴回覧板 たーすけられたり助けたり ♪ ♪

 CIMG6478.JPG

 館山でご近所さんの助け合いが有るように この震災の被災者と「隣組」の気持ちをしっかり持ってできること、やらなくっちゃいけないことを一歩ずつ取り組んでいきましょう。

 続きに 「サピーネ物資センター」の取り組みを紹介してあります。 「館山情報」タグのポチっとしてから 読んでください。

  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
     にほんブログ村

-------------------------------------

この度の震災は大変な災害となりましたが、みなさんやご家族、ご友人
はご無事でしたでしょうか。

さて、被害の少なかった南房総地区に住む私たち。
テレビで現地の大変な状況を目にし、なにかできないだろうか、と心を
痛めてくださっている方もあろうかと思います。
実は、今回、私の所で救援物資の提供を呼びかけるためのメーリングリ
ストを作ることになりました。
遠くは岩手、宮城、近くは千葉県内の被災地、そして、館山市、南房総
市へ避難してくるみなさんのために、
ご自宅の物置やたんすの奥に眠っているシーツやタオル、
おまけでもらった洗剤や台所用品、小さくなった子供服
まだまだ使える家財道具、などなど、
みなさまのご協力をいただければうれしいです。

「サビーネ物資センター」のシステムは、単純明快!
1)こちらに物資の支援要請の情報が入ったら、
2)リストに入っているみなさんに即メールを差し上げます。
3)要請のある物資をお持ちでしたら、その時点でサビーネまたは指定
の回収場所にお持ちいただく、というものです。

サビーネで一括して事前に物資をお預かりできれば効率がいいのです
が、保管場所や管理などの負担が多くなるというアドバイスをいただき、
「無理な事はしない」方針の私、それはヤメにしました。
そのかわり、物資はみなさんでご自宅で保管しておいていただき、メー
ルにて迅速にみなさんに情報をお送りし、すみやかに回収する、という
方法がベストだと考えました。

本日、サビーネのイベントのご案内のリストをもとに、みなさんのアド
レスを勝手に一時登録、このメールを送らせていただいています。
「サビーネ物資センター」からのメールはいらない、という場合には、
お手数ですがご一報ください。メーリングリストから削除させていただ
きます。

少しでも多くの方に、少しでも早く、必要なものが届けられますように。
微力ながら、だれかを助けてあげられて、とてもうれしい気持ちです。

みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。


溝口 かおり
英会話クラブサビーネ
〒294-0045 千葉県館山市北条700-2
コアビル2F
phone/fax 0470(23)3394
kaori@sabine.jp
http://www.sabine.jp
Posted by : ZENさん | 地震被災者の受け皿に・・・ | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.furusatolabo.jp/trackback/465
TOP