早期退職して湘南・藤沢から南房総・館山に移住 五右衛門風呂・釜戸を作って 田舎暮らし体験施設 「ZENさんのふるさとラボ」を運営 暇ですねん・・・
<< 原発事故ー「不安」に押しつぶされたら「負け」だ | main | 館山は 天国かも・・・ >>
やっと退院で、 さて何を・・・ 
JUGEMテーマ:田舎暮らし
 
 「マァ 何ということでしょう・・・あの狭い空間が匠の技でこんなにスムーズに。さぞ快適な毎日が・・・」

before
     写真真ん中あたりの血管が括(くび)れてしまっています。5年ほど前に5箇所ほど一編にステントを入れた内の一箇所が詰まった 実はここは一昨年も詰まって バルーンで膨らましていたそれから2年 再び狭窄 詰まってしまった 「今度は ステントを入れますよ。ここはどうも詰まりやすいし・・・」 

CIMG6348.JPG

 11時40分 入室 12時40退室 正味50分の手術 モニター画面を見ていると、心臓の冠動脈部分に達した カテーテル・ガイドがこれまでより躊躇しながら「手探り状態に」・・・・

   左上からキレイニ弧を描いているのは2ミリの太さのカテーテルで S 字の先で下を向いて太くなっている部分が 膨らんだバルーン・・・ 胸キュン の一時です・・・

CIMG6349.JPG

 「ステントを入れる予定だったが患部近くの血管の枝道をステントが塞いでしまいそうだ。ステント留置は止めてカッターで血管内壁の不純物をこそいで、それからバルーンで広げましょう・・・」 
 まぁ、よろしくです。けど、カッターを心臓の血管の中で回すのネー・・・  



after
  分かりますかねー ここまで血管を広げて頂きますと100メートルダッシュも出来るかも・・・

CIMG6351.JPG

 こういった「先進医療」なんて言われるものは支払いが大変だ。 「高額医療費」として3から4ヶ月ほどして「限度額を超えた金額」の返金が。 それが最近は 予め「限度額適用認定証」を保険機関に発行してもらい病院に提出することでその月の患者負担額に上限ができる。 「その月の」と言うところがポイント 今回、3月に集中することで負担軽減となったが月が分かれると8万円以上の負担増に・・・・

 そんなことより、この繋いでもらった血管の血を思いを「被災者」にどう繋げて行きますか・・・明日は、館山に戻ります。 

 「館山情報」タグのポチッと ヨロシクです

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
       にほんブログ村
Posted by : ZENさん | 地震被災者の受け皿に・・・ | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.furusatolabo.jp/trackback/460
TOP